三井住友銀行 三大疾病 保障付 住宅ローン 内容詳細

三井住友銀行における、三大疾病に対する保障が付いた住宅ローンの詳細は、以下の通りです。

1.「ガンのみ保障型」
2.「三大疾病ワイド保障型 プラス5」

対象商品
  • 三井住友住宅ローン
  • 住み替えローン
  • 借り換えローン

※ お使いみちは、ご自宅の購入・新築資金・増改築や住み替え資金、住宅ローンのお借り換え(但し、当行住宅ローンからのお借り換えは除きます)にご利用いただけます。各商品ごとにお申し込みの条件が異なりますので、くわしい商品内容は、各商品のチラシおよび説明書をご覧ください。

ご利用いただける方

上記対象商品を新規にお借り入れいただく、お借り入れ時年齢が満45歳以下の方(既にご融資させていただいているローンからの切り替えはできません。)

ご融資金額

100万円以上6,000万円以内(10万円きざみ)。ただし「定借住宅ローン」の場合は200万円以上5,000万円以内、「ネットdeホーム」の場合は200万円以上6,000万円以内となります。

※ご融資金額が3,000万円超の場合は、所定の診断書をご提出いただきます。

ご融資利率

<三大疾病ワイド保障型5>

上記対象商品の店頭金利+年0.3%

<ガンのみ保障型>

上記対象商品の店頭金利+年0.2%

金利のお知らせはこちら。


※各種金利プラン、金利優遇もあわせてご利用いただけますが、その場合も上記金利を上乗せさせていただきます。

付帯される保険についての概要 正式名称

三大疾病ワイド保障型 5

入院時のみ担保特約・重度慢性疾患のみ担保特約・悪性新生物診断給付金特約・急性心筋梗塞診断給付金特約・脳卒中診断給付金特約・債務繰上返済支援特約付帯就業不能信用費用保険

<ガンのみ保障型>

入院時のみ担保特約および悪性新生物診断給付金特約付帯就業不能信用費用保険

保障内容(概要) ガン

悪性新生物(ガン)診断給付金は、ご融資日から3ヵ月を経過した日の翌日以降に、生まれて初めてガンに罹患し、医師により診断確定された場合に、診断確定された時点のローン債務残高相当額が診断給付金として三井住友銀行宛に支払われ、債務の返済に充当されます。なお、上皮内ガン(上皮内新生物)はお支払い対象外です。

○診断給付金がお支払いされない場合の例

  • ご融資日から3ヵ月以内にガンと診断された場合
  • ご融資日以前またはご融資日から3ヵ月以内にガンに罹っていたと、後日診断された場合

上皮内ガン(上皮内新生物)とは、腫瘍細胞の増殖が上皮内(大腸については粘膜内)にとどまり、基底膜(大腸については粘膜筋板)を越える浸潤が認められない状態をいいます。

  • 上皮……… からだの体表面や諸臓器の内面などを覆う細胞層をいいます。
  • 基底膜…… 上皮とその下の組織との境にある膜をいいます。
  • 粘膜筋板… 大腸の粘膜固有層と粘膜下層の間にある組織をいいます。
急性心筋梗塞、脳卒中

急性心筋梗塞診断給付金、脳卒中診断給付金は、ご融資日から3ヵ月を経過した日の翌日以降に急性心筋梗塞もしくは脳卒中に罹患し、その疾病により初めて医師の診療を受けた日から60日以上所定の状態が継続したと医師によって診断された場合に、診断された時点のローン債務残高相当額が診断給付金として三井住友銀行宛に支払われ、債務の返済に充当されます。

○診断給付金がお支払いされない場合の例

  • ご融資日から3ヵ月以内に急性心筋梗塞・脳卒中に罹患した場合
  • 急性心筋梗塞で初めて医師の診療を受けた日から60日以内に労働制限が必要なくなった場合
  • 脳卒中で初めて医師の診療を受けた日から60日以内に後遺症がなくなった場合

保障対象外となります

5つの重度慢性疾患(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎(すいえん))

[月々のローンご返済に対する保障]

ご融資日以降に罹患した5つの重度慢性疾患のいずれかにより、ご融資日から3ヵ月を経過した日の翌日以降に被保険者本人の経験・能力に応じたいかなる業務にもまったく従事できない状態(就業不能状態)となり、その状態が1ヵ月を超えて継続し、ローンの約定返済が到来した場合、当該約定返済額が保険金として三井住友銀行に支払われ、同額をお客さまにお支払いします。(ローン債務延滞中においては、延滞債務に優先的に充当します)
ただし、保険金のお支払いはお客さまの保険金請求の時点までに経過した当該期間に属する約定返済額を限度とするほか、同一の就業不能期間においては、約定返済12回相当分(ローンお借り入れ期間通算では36回相当分)を限度とします。

○保険金がお支払いされない場合の例

  • 5つの重度慢性疾患以外で就業不能状態となった場合
  • ご融資日から3ヵ月以内に就業不能状態となった場合
  • 就業不能状態となってから1ヵ月経過後、それ以降第1回目のローンご返済日前に就業不能状態ではなくなった場合
  • 既にローンご返済36回分相当額の保険金が支払われている場合

[ローン債務残高に対する保障]

ご融資日以降に罹患した5つの重度慢性疾患のいずれかにより、ご融資日から3ヵ月を経過した日の翌日以降に被保険者本人の経験・能力に応じたいかなる業務にもまったく従事できない状態(就業不能状態)となり、その状態となった日からその日を含めて13ヵ月を経過した日の翌日午前0時までその状態が継続した場合、その時点のローン債務残高相当額が保険金として三井住友銀行宛に支払われ、債務の返済に充当されます。

○保険金がお支払いされない場合の例

  • 5つの重度慢性疾患以外で就業不能状態となった場合
  • ご融資日から3ヵ月以内に就業不能状態となった場合
  • 就業不能状態となってから13ヵ月以内に就業不能状態ではなくなった場合

保障対象外となります

病気・ケガによる入院

ご融資日以降に罹患した病気やケガにより、ご融資日から3ヵ月を経過した日の翌日以降に入院し、それ以後の第1回目のローンご返済日を経ても入院されていた場合、当該約定返済額が保険金として三井住友銀行に支払われ、同額をお客さまにお支払いします。(ローン債務延滞中においては、延滞債務に優先的に充当します)ただし、ローンお借り入れ期間通算では36回相当分を限度とします。

○保険金がお支払いされない場合の例

  • ご融資日から3ヵ月以内に入院した場合
  • 入院後第1回目のローンご返済日前に退院した場合
  • 既にローンご返済36回分相当額の保険金が支払われている場合
   
  • ガンに罹患されたことがある方はご加入いただけません。また、お客さまの告知の内容により、保険会社がご加入をお断りする場合があります。
  • 上記に記載の「診断給付金がお支払いされない場合の例」「保険金がお支払いされない場合の例」はあくまでも一例ですので、詳細は「被保険者のしおり」に記載の「契約概要」・「注意喚起情報」にて保険の内容をご確認ください。
保障期間

住宅ローンご融資期間(ただし、同一種類の保険金がローンご返済36回分相当額支払われた場合は全ての保障は終了します。)

保障の開始日

住宅ローンご融資日から3ヵ月を経過した日の翌日

ご留意事項
  • 虚偽告知等の告知義務違反があった場合は、保険金・診断給付金が支払われない場合があります。その他にも診断給付金、保険金のお支払いには制限条件がございます。
    ご加入にあたっては、「被保険者のしおり」に記載の「契約概要」・「注意喚起情報」で詳細を必ずご確認ください。また、三大疾病保障付住宅ローンでご利用いただく保険は、カーディフ損害保険会社の引受けとなりまので、保険内容の詳細やご不明点については「被保険者のしおり」に記載のお問い合わせ先へご連絡ください。
引受保険会社

カーディフ損害保険会社


  • 既に「三大疾病いずれも保障型」でお借り入れいただいている場合、当該ローンには5つの重度慢性疾患の保障は付帯されておりません。
  • お借り入れ期間中に三大疾病保障付ではない住宅ローンへの変更および保障種類の変更はできません。
  • ローンのお申し込みに際しては、当行および当行指定の保証会社の審査がございます。審査の結果によっては、お申し込みをお断りすることがございますので、ご了承ください。
  • ご融資対象物件の所在地などによっては、お取り扱いができない場合がございます。
  • 「三井住友住宅ローン」「住み替えローン」「借り換えローン」「定借住宅ローン」「ネットdeホーム」については店頭・ホームページに説明書をご用意いたしております。
    また、お申し込み方法やご返済額の試算など、くわしくは当行国内本支店窓口または下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。
  • 三大疾病保障付住宅ローンでご利用いただく保険は、カーディフ損害保険会社の引受けとなりますので、保険内容の詳細やご不明点については、お申し込み時にお渡しする「被保険者のしおり」に記載のお問い合わせ先へご連絡ください。

※平成19年4月2日(月)現在

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。